響鼓in熊野2017 -ゲスト紹介-

[構成・演出]中橋敏彦氏

 

 1963年大阪生まれ。和太鼓グループ「OSAKA 打打打団 天鼓」のリーダーとして創設より参加。国内外での数多くのコンサートでは、強烈な個性とエンタテイメント性溢れるパフォーマンスで観客を魅了。

 

2003年、16年間在籍した同グループから独立し、ソロ活動を開始。 2005年、実力派ソロミュージシャン・ダンサーたちと繰り広げる和太鼓エンターテイメントショー「SHOW TIME!?」を発表。 和太鼓や篠笛のあたたかな響きを活かしながらシンセサイザー音楽やサックス・パーカッションなどの洋楽器を縦横に織り込んだ楽曲、自らも踊る華やかなダンスパフォーマンス、 「顔を見ているだけで笑ってしまう」とまで言われる中橋のコミカルなシーン。ユニークな表現や演出も行う。 自ら企画・演出する和太鼓フェスティバル「あっぱれ祭」は2013年3月の開催で3度目となり、地元・大阪のてっぺんに位置する豊能郡周辺の太鼓チームを中心に、出演者・鑑賞者を元気にするフェスティバルに成長を続けている。 フィットネスクラブTIPNESS(石橋店)や高槻市、地元能勢町・豊能町で太鼓教室を開催。「打つ楽しさ」「魅せる楽しさ」を伝えようとしている。

 


祝祭太鼓團あっぱれ //大阪

 

迫力の和太鼓と篠笛や津軽三味線などの和楽器、日本の伝統芸能の民謡・獅子舞などを取り入れた和太鼓パフォーマンスグループ。打てば響く”和太鼓の魅力と、メンバーひとり一人の“個の力”を最大限に活かしながら、「観る人を笑顔に!」を合言葉に、子供から大人までが楽しめる舞台を創造し続け、様々なシーンでコンサート活動を繰り広げている。

 


輪島・和太鼓 虎之介 //石川・輪島

 

 

 

 「輪島・和太鼓虎之介」太鼓チームは、石川県輪島市に、伝統の祭り太鼓を基本とし、和太鼓の「新しい風を」との思いで、平成12年に結成しました。

 平成17年には「世界太鼓打ち比べコンテスト」で優勝し文部科学大臣賞を受賞したのを皮切りに、平成18年には、和太鼓の甲子園といわれる、「第8回日本太鼓ジュニアコンクール全国大会」に出場し、光栄にも優勝を手にする事ができ総務大臣杯を受賞する事ができました。

また、平成24年に「第14回日本太鼓ジュニアコンクール全国大会」に、石川県代表として出場し、第8回大会以来、目標としてきました、二度目の優勝を手にする事ができ、内閣総理大臣賞を受賞する事ができました。

この名誉に驕る事無く初心に戻り、支えて下さいました皆様方に常に感謝の気持ちを忘れず、今まで以上の努力を惜しまず一人でも多くの方に認められる団体を目指し、また、多くの方々に和太鼓の楽しさ素晴らしさが伝えられるような活動をしていきたいと思います。